人気の芸能人

芦田愛菜の年収推移がヤバイ?子役時代と現在のギャラの違い!

芦田愛菜の年収推移がヤバイ?子役時代と現在のギャラの違い!

芦田愛菜さんといえば、少し見かけない間に、大人っぽくなってテレビで活躍しているという印象を持つ方も多いのではないでしょうか。

中学受験のために、一時期テレビでの露出が減っていたと言われていますが、そんな彼女の年収やギャラがどのように変わっていったのか、気になりますよね。

芸能人の年収はCMのギャラと本数に大きく影響されると言われていますので、主にCMのギャラとドラマのギャラから、芦田愛菜さんの推定年収と年収推移をまとめてみました☆

みなみ
みなみ
時期によってかなり差があるようですが、額が高額なのは間違いないように思えます。

くわしい年収とギャラの金額が気になる方は、記事をよく読んでみてくださいね!


 

芦田愛菜の【子役時代の最高年収とCMのギャラ】

この投稿をInstagramで見る

 

芦田 愛菜 💗 Mana Ashida(@ashida_mana_)がシェアした投稿


中学生になる前、子役時代の芦田愛菜さんは、ドラマやCD、映画、CMなどとってもテレビ露出が多かったです!

みなさんも、テレビを見ていて、芦田愛菜さんやその話題を見かけない日はなかったのではないでしょうか。

みなみ
みなみ

その頃の年収…正直気になっちゃいますよね?

ということで、子役時代の年収推移やCMのギャラなどを調べてまとめてみました!

 

子役時代の【最高年収は?】

この投稿をInstagramで見る

 

芦田 愛菜 💗 Mana Ashida(@ashida_mana_)がシェアした投稿


芦田愛菜さんの最高年収は、2012年ごろの約1億9000万円だと言われています!

2012年といえば、鈴木福君と一緒に歌った「マル・マル・モリ・モリ!」が第26回日本ゴールドディスク大賞で2部門を受賞するなど、ドラマや映画だけでなく、歌手としての活躍も認められた年。

テレビやドラマでの露出が多かったのに加えて、歌の収入までプラスされれば、年収推移が2012年に最高になるのも納得ですね。

みなみ
みなみ

子役の中で年収がずば抜けていたのはもちろんですが、2012年度の女優さんの推定年収ランキングで、なんと11位にランクうインしています。

あの人気女優、石原さとみさんでも14位でしたから、本当にすごい稼ぎだったんですね。

 

子役時代の【CMのギャラは?】

 

この投稿をInstagramで見る

 

芦田 愛菜 💗 Mana Ashida(@ashida_mana_)がシェアした投稿


芦田愛菜さんの子役時代のCMのギャラは、なんと2012年にはCM1本2500万円まで上がっていたそう!あまりの勢いに、新CM女王とすら言われていたようです。

このギャラは、当時のマツコ・デラックスさんと同じくらいと考えられています。

8歳で大人と同じようなCMのギャラがもらえるなんて、すごいですね。当時の人気ぶりがうかがえます!

ですが、2013年にはCM1本のギャラが1000万円~1500万円に下がってしまったようです。

原因としては、テレビでバラエティ番組などに出過ぎたせいで、希少価値が下がってしまったことが考えられるそう。

みなみ
みなみ

落差の激しい年収推移は、こういう事情があるからなんですね。

それにしても、人気だからテレビに引っ張りだこなのに、それでCMのギャラが下がってしまうなんて、芸能人の方は大変です…。

 

芦田愛菜の【現在の年収とCMのギャラ】

 

この投稿をInstagramで見る

 

芦田 愛菜 💗 Mana Ashida(@ashida_mana_)がシェアした投稿


一時期、姿が見えなくなったと言われていた芦田愛菜さんですが、最近はCMや映画の吹き替えなど、また活躍していますね。

子役時代の可愛い様子とは違い、少し大人びた雰囲気が印象的です。

みなみ
みなみ

一番よく姿を見ていた子役時代と比べて年収はどうなっているのでしょう。

気になる現在の年収や年収推移とCMのギャラがどうなったのか見てみましょう☆

 

現在の【年収は?】


芦田愛菜さんの現在の年収は1億5500万円と言われています。テレビの露出は減っていますが、最近はCMで見かけることが増えましたね。

2018年は10社が、2019年も9社がCMに芦田愛菜さんを起用しています!

子供から少女に成長したことで、色々なCMに起用されやすくなったのかもしれませんね。

また、吹き替えやアニメの声優としての仕事もこなしていて、テレビでは見えない場所での活躍もあったため、1億5500万円という高い年収をもらえているようです。

みなみ
みなみ
全盛期の約1億9000万円から考えると、年収推移としては少し下がっていますが、子役時代よりもしっかりとお仕事を選びながら活動しているみたいですね♪

 

現在の【CMのギャラは?】


芦田愛菜さんが出ているCMというと、ワイモバイルやボディソープのCMが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

1本のCMでどれくらいのギャラがもらえるんでしょうか?CMの単価は年収推移にも大きく影響しますから、気になるところですね。

週刊誌「FLASH」で紹介された芸能人のCMギャラランキングによると、芦田愛菜さんの2019年のCM1本のギャラは1200万円のようです!

みなみ
みなみ
2012年全盛期の2500万円から見ると下がっているようですが、2013年ごろからは一定の水準を保っているようですね。

芦田愛菜の【年収推移を年代別に見てみよう】

 

この投稿をInstagramで見る

 

芦田 愛菜 💗 Mana Ashida(@ashida_mana_)がシェアした投稿


年収について調査しましたが、ピーク時(2012年)より前、ピーク後の2013年~2017年の年収についてはデータが見つかりませんでした。

なので、2009年~2011年、2013年~2017年については、予想となります。

芦田愛菜さんのCM起用数をまとめると以下です。

  • 2008年:1本
  • 2009年:3本
  • 2010年:3本
  • 2011年:9本
  • 2013年:4本
  • 2014年:5本
  • 2015年:1本
  • 2016年:0本
  • 2017年:6本
  • 2018年:10本
  • 2019年:9社

上記くらいだと言われています。

ブレイク前の2008年~2009年はCM1本を子役のギャラ平均20万円で、ドラマは1話5万円で計算してみましょう。

ブレイク後はCM1本、2011年が1800万円と言われていますから、2010年は2009年との間をとって1本910万円で計算します。

ドラマは2011年が1話20万円くらいと言われているので、2010年は1話13万円で計算しています。

ピーク後から現在は、ギャラは安定しているようなので、CM1本1200万円、ドラマは1話20万円で計算してみましょう!

それらを考えて年収を推測してみると、年収推移の予測は以下のようになります。

  • 2008年               約20万円
  • 2009年(テレビデビュー)      約70万円
  • 2010年(ドラマ出演でブレイク)   約5700万円
  • 2011年(飛躍的にギャラが上昇!)   約1億6000万円
  • 2012年(ピーク)          約1億9000万円
  • 2013年-2014年(CMギャラの低下)  約5500万円 ~ 約6500万円
  • 2015年ー2016年(テレビ露出の低下) 約500万円 ~ 約1500万円
  • 2017年(テレビ露出の増加)     約8500万円
  • 2018年ー2019年(現在)       約1億5500万円

 

あくまで推測ではありますが、このように見てみるとCMの起用数の変化に伴い、年収の変動が激しいことは確かなように思えます。

みなみ
みなみ
それでも、活動再開後にすぐに多くのCMに起用されていて、芦田愛菜さんの人気の高さがうかがえますね!

 

芦田愛菜の年収推移!子役時代と現在のギャラ【まとめ】


芦田愛菜さんの年収推移とギャラについてみてきましたが、いかがだったでしょうか。

内容をまとめてみると、以下のようになります。

まとめ
  • 2010年のブレイクをきっかけに大きくギャラがあがり、年収も飛躍的に上昇したと思われる
  • ピークは2012年で、なんと約1億9000万円とも言われている!
  • 2013年からCMのギャラは少なくなったが、2013年~現在は1200万円前後で安定したよう
  • 2015年ー2016年はテレビで見かけなくなっていたが、2017年からはまたよく見かけるようになった
  • 2018年-2019年現在はCMにも沢山起用され、再び年収が1億を超えていると思われる

 

みなみ
みなみ
小さい頃の愛らしい姿とは違って、現在では大人っぽい表情も見せてくれる芦田愛菜さん。

子役時代とは違う魅力や表現力を身に着けた彼女の、これからの活躍が楽しみですね☆